2006年9月15日 (金)

引き続きブラームス。そしてベートーヴェン。

ブラームスの4番は、クライバーのウィーンフィルを購入。軽快に突っ走る演奏は心地よい。でもミュンシュの1番のようなこってり感はない。東京風醤油ラーメンみたいな。ミュンシュとパリ管は、豚骨ラーメン、か。

さて、3番も聴きたくなったので、調べるが決定的名盤らしきものがない。昨年出たテンシュテットのライブ盤シリーズがすごく評判良さそうで、その中でブラームス3番が入ってる。これで聴いてみよう。テンシュテットの名前は初めて聞いたけど、すごく人気のある指揮者なのだ。ちょっと前に亡くなっているけど。特に録音よりライブでのパフォーマンスが高く、ライブの海賊盤もよく売れるひとらしい。2枚購入。1枚はブラームス3番とベートーヴェン7番。もう1枚はベートーヴェン1番と5番、あと序曲が2曲。
8827_1







ブラームス3番、当たり!すごく濃厚に絡む弦楽器が最高です。適度にロマンチックで重厚な音がなんともいえん。そしてベートーヴェン。特に5番「運命」!こんなかっこいい曲とは知らなんだー!最初から最後まで緊張感びっしりの演奏。まるで重戦車が唸りあげて走ってるような。第1楽章終わってひとりだけ手を叩いている観客が聴こえる。おお気持ちわかるでー。そして、最終の第4楽章の最後の音が終わるか終わらんかフライングぎみに満場の拍手がバーっと「ブラボー!!」ヘッドフォンでデカイ音で聴いてたら興奮していっしょに「ブラボーっ!!」叫んでしまった。ありがとうテンシュテット。テンシュテットはマーラーが得意。聴きたいけど、バーンスタインのマーラー全集買っちゃったからなぁ。
8823

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月 9日 (土)

ブラームスはお好きだ

クラシックを聴き始めた。
全然詳しくないので、名盤をつないでいく聴き方で。
指揮者つながり、オケつながり、作曲家つながり。
まずはミュンシュのパリ管でブラームスの1番を。
アマゾンでもHMVでも、”ミュンシュがパリ管をドライブさせ”なんて紹介していた。
なんかスゴそう。クラシックでもドライブて表現するのね。
で、聴いたら、ほんまに爆演だった(笑)。第4楽章なんて弦楽器全員、弦切ってませんか?てくらい燃えまくっている。すごい。複雑なアンサンブルから、ふ〜っと浮きあがる美しいメロディ。うっ、快感。ブラームスに惚れてしまった。当分、ヘビーローテである。

クラシックファンは、ジャズファンより濃い、かも。アマゾンやHMVのコメントで、コメンテーター同士で批判しあってる盤まであったりして。荒れてる掲示板みたいな。すごいね。呆れるより感心した。そこまで好きになれるということに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

THE WHO

世に数々の名コンビあれど、いちばん好きな佇まいはピート・タウンゼント&キース・ムーン。ミック&キースや、ペイジ&ボーナムよりも絵になる。キースのキチ○イドラムスをバックに、ピートのジャンプしながら大回転コードストローク!てのがロック史上最高の佇まい。江夏&田淵みたいなコンビであーる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

TAKE THE A-TRAIN

デューク・エリントンの音楽は難しい。
どんな"モダン"ジャズよりも難しい。
多分、黒人音楽の髄みたいなものが、いちばん深いからかもしれない。エリントンの音楽は真っ黒だ。エリントンにくらべれば、他の誰もがマイルドに聴こえる。
そういえば、エリントンが死んだ時にマイルスがえらく落ち込んだものね。

ニューポートを聴いた。ふと、エリントンが分かりかけたような気がする。気のせいかもしれないけど。
とりあえず、もっと聴こうと決めた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

ムーンライダーズ30周年

6603ミュージックマガジンで今月はムーンライダーズ30周年大特集。わたくしの音楽遍歴の太い線が一本あって、トッド・ラングレン→XTC→ムーンライダーズ→(カーネーション)てのがずっと中心にあるのですよ。王道ポップっす。人からみたら裏ポップ街道すね。トッドとXTCは自然に終息状態になってしまっているけど、ムーンライダーズは今なお現役ってのが偉い!最近特に多作になってるし、爺さんになってもひねくれポップでいてほしい。

当時のニューウェイブの匂いがぷんぷんするクリップ↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

フランク・ザッパ VS スティーブ・ヴァイ

おとといの飲み会で、ザッパで盛り上がったので(え?オレだけ??)、You Tubeでビデオ探しましたよん。ありました!いいのが!スティーブ・ヴァイ在籍時のイタリアライブ。ふたりで延々ギター弾きまくってます。説明無用、怒濤の8分34秒ボリューム目一杯上げてご覧あれ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

そして春一番

Img_1226春一番は、ゆったりと、いろんな音楽が流れるのがいい。普段観られない組み合わせでセッションしたり。ジャンルだってかまうことはない。美潮とマリさんは仲良しだったんだ。知らなかったな。渋谷さんとセッション。


Img_1236音楽に聴き入って、今回あまり写真を撮っておりません。渋谷毅オーケストラ&坂田明&金子マリ&小川美潮でカーラ・ブレイの曲を。



Img_1218曽我部恵一のステージには、新喜劇の小薮座長が乱入。







Img_1221_1中川五郎&中川イサト。ハンバートハンバートの佐藤くんに、whachoやマック清水も。こんな組み合わせが春一番らしい。ハンバートハンバートは土曜日の客入れから演奏始めて(客入れから生演奏って素敵な演出)、いい歌だなぁ、こんなトラッドソング歌える若い人がいたのかと驚き。CD買ってみよう。


Img_1239写真ぼけてますが、土曜日のトリ、加川良さん。前に聴いたのも春一番やった。フォークってええなぁ、と思ったら客席でマリさんや美潮とか他のミュージシャンもじっと聴いていた。こんな光景も春一番らしい。グッドミュージックがゆっくり聴ける春一番。来年も行きたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

春一番

Img_1217おおっ、と、と、もう5月入ってしまってた!

今日と明日は春一番へゴー!
いちにち陽を浴びてごつい赤くなって痛い。それとかなり疲れた。
詳しくはまた明日が終わったら。

しかし、今日は美潮も有山さんも観れたし、
山下洋輔カルテットは最高やったし、
坂田明トリオはジム・オルークが参戦しとった。
服部緑地にジム・オルークのノイズギターなんて!?
少し外に出たら峰さんが歩いとった。
満足。水浴びて、寝る。

写真はゆかり姐さん。ファンキー横綱。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

ソニー・ロリンズって・・・

・・・日本公演でライブ活動引退したんとちゃうの?

ヨーロッパツアーが始まったという噂を聞いたので、ホームページみたら来年の予定まで入ってるやん!ニュークス恐るべし!!!もう、信じん。望む、来日公演。日程間違えて見逃したから、ぜーったいくたばるまでに見届けてやる。



ジム・ホールとの貴重な映像も含む ↓

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

リンダ・ロンシュタットに泣けた

YOU TUBE で何気なくいろんなビデオ観ていたら、
リンダに出会ってしまった。
中学生以来やから25年振りやないですか。
イーグルスをバックに「ならずもの」。もうたまらん。
音楽に夢中になり始めたあの頃が一気に戻ってきた。
すばらしい。なんどでもなんどでも観たい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)