« THE WHO | トップページ | ミュージカルな日々 »

2006年7月11日 (火)

岡本太郎

少し前から「今日の芸術」を読んでいる。なんとなく岡本太郎に興味があって、著作を読んでみたかった。創造力、前進力というものがこのひとにはみなぎっていて、ストレートで真っ当な思いがぐいぐい読み手を引きつける。すごくおもしろい。新しいことをやっているひと、これからやろうとするひとには心強い本である。で、岡本太郎って最近えらい再評価されているんですね。そういう世間の評判を知らずに、『明日の神話』が帰ってきたのもこの前のテレビ特番で知った次第。『明日の神話』に関連して " TARO MONEY " が発売されている。共感して購入した著名人も多々。岡本太郎は表現するひとには特にシンパシーを感ずる特別なひとなのだと思う。さっそく、 " TARO MONEY " を申し込んだ。お守りにしよう。万博は幼稚園に入る前だった。太陽の塔の下で、親に「これ昇れるの?」と尋ねたことをはっきり覚えている。万博の記憶はそれだけなのだけど。

|

« THE WHO | トップページ | ミュージカルな日々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113981/10896079

この記事へのトラックバック一覧です: 岡本太郎:

« THE WHO | トップページ | ミュージカルな日々 »