« 日記 | トップページ | どうするよ!?オレ »

2006年6月12日 (月)

TAKE THE A-TRAIN

デューク・エリントンの音楽は難しい。
どんな"モダン"ジャズよりも難しい。
多分、黒人音楽の髄みたいなものが、いちばん深いからかもしれない。エリントンの音楽は真っ黒だ。エリントンにくらべれば、他の誰もがマイルドに聴こえる。
そういえば、エリントンが死んだ時にマイルスがえらく落ち込んだものね。

ニューポートを聴いた。ふと、エリントンが分かりかけたような気がする。気のせいかもしれないけど。
とりあえず、もっと聴こうと決めた。


|

« 日記 | トップページ | どうするよ!?オレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113981/10497451

この記事へのトラックバック一覧です: TAKE THE A-TRAIN:

« 日記 | トップページ | どうするよ!?オレ »